• 第一話 小椋久義さんと家族の記憶

    氏名:小椋久義
    生年月日:1919年9月14日(2018年11月16日没)
    年齢:98歳(2017年6月26日撮影時点)
    出生地: 鳥取県 東伯郡 関金町 小泉(現 倉吉市 関金町 小泉)

    鳥取県の関金にある山間の村、小泉。そこは6戸の世帯からなる小さな集落である。
    98歳の小椋久義さんには、小泉で過ごした自身の生い立ちを話していただいた。
    幼い頃に死別した母、大東亜戦争のこと、開墾したワサビ田と養魚場に至るまでの濃密な一代記が語られた。

  • 第二話 小谷重信さんと海辺の記憶

    氏名:小谷重信(こだにしげのぶ)
    生年月日:1919年1月2日(2018年10月19日没)
    年齢:99歳(2018年3月11日撮影時点)
    出生地: 鳥取県 東伯郡 泊村 小浜(現 湯梨浜町 小浜)

    鳥取県の湯梨浜にある日本海に面した小さな漁村、小浜。かつては貝殻とりと呼ばれるホタテ漁を主な産業としていたが、昭和初期に下火になり、今では漁を生業にする者はいない。
    99歳の小谷重信さんには、幼い頃に手伝った貝殻とりの記憶を話していただいた。そこから湾に迷い込んだ鮪の群れ、自身の出征のことから現在の愉しみまで話は続いていった。

I remember / 私はおぼえている

「私はおぼえている」は、記録集団「現時点プロジェクト」が、あなたの人生は語り伝える価値があるという考えのもと、鳥取県内の市井の人々のオーラルヒストリーを映像で記録していくプロジェクトです。